ヨーロッパを代表する給与・支出の自動化プラットフォームでFinTechのSoldoは、カード共有の不正と管理時間を削減

2021-10-08

Startup Portfolio

ヨーロッパを代表する給与・支出の自動化プラットフォームであるSoldoは「Purchases」を発表しました。Purchasesは、セキュリティ、コントロール、利便性、インサイトを向上させる、ワンタイムペイメント管理のためのSoldoの新しいツールです。通常、特定の従業員に発行された物理的なカードを使用して行われるこのような支払いは、企業に3つの重要な課題をもたらします。リクエストの管理は面倒でコストがかかり、カード情報の共有はリスクが高く、支出の追跡は困難です。これらの課題を解決するために、Purchaseはリクエストと承認のプロセスを処理し、従業員に1回限りのバーチャルカードを発行します。また、「Purchase」を利用することで、企業は組織全体の支出をより簡単に管理することができます。特定の種類の購入に許可を与えたり、他の購入をブロックしたり、合計金額を設定したりすることができるため、財務チームはお金や金額が承認された方法で使用されているという安心感を得ることができます。さらに、取引データはリアルタイムで入手できるため、財務チームは月末を待たずに、いつ、どこで支出が発生したかを把握することができます。このような可視性は常に重要ですが、パンデミックの影響で多くの企業が厳しい財布の紐を締め続けている現在の状況では、なおさら重要です。

 

 

Purchasesは、Soldoが7月に実施したシリーズC資金調達後に発表した最初の製品で、ヨーロッパの支出管理分野では最大規模の1億8,000万ドルを調達しました。Purchasesは、組織全体の支出を把握することで、企業がコスト削減を見出す機会を増やし、経費などの支出を管理することができます。Soldoの調査によると、英国の従業員の3分の1以上(38%)が、個人的に使用するオフィス用品(20%)を含む経費の不正使用を認めており、英国企業は年間19億ポンドもの巨額の損失を被っています。

 

Soldoの創業者兼CEOであるCarlo Gualandri氏は、次のように述べています。「単発の支払いとなると、企業は誰がいつ、どこで、何を使っているのかを見失いがちになります。このようなリクエストを管理することは、すでに多忙な財務チームにとって時間的負担となっています。また、適切なソリューションがなければ、混乱とリスクを招くことになり、従業員が会社のカードやPINの詳細を共有することで、企業が詐欺に遭う可能性もあります。例えば、パンデミックが始まった頃、多くの従業員がホームオフィス機器を一時的に購入しているのを目にしました。私たちは、企業がこうしたコストを管理する方法を変える必要があると考えました。1つ目は、従業員がSoldoプラットフォームを介してオンラインで購入を申請し、必要な金額と目的を記載すること。2つ目は、マネージャーや管理者が事前に支払いを承認し、完全な可視化と管理を行うこと。3つ目は、従業員が申請された金額のバーチャルカードを取得し、承認された購入品にのみ有効とすることです。私たちの使命は、企業のさまざまなニーズを満たす柔軟なソリューションによって、組織全体の支出を把握し、コントロールできるようにすることです。Purchasesを使えば、これまでリクエストの追跡や承認、発注書のアップロード、従業員の経費精算の処理などに費やしていた時間と労力が削減され、財務チームは重要なことに時間を使えるようになります」

 

Tags: FinTech | United Kingdom

話をする

Soldo に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース