オンラインで中華料理と食料品を配達ビジネスを展開するHungryPandaが、バーミンガムに第一号店をオープン

2021-10-08

Startup Portfolio

2016年に設立され、ロンドンに本社を置くHungryPandaは、市内の中華街にあるNorfolk Houseの6,799平方フィートのスペースで5年間の契約に合意しました。今回の出店は、イギリス国内および10カ国60都市以上で展開しているグローバルな事業拡大計画の一環として、同社にとって初の実店舗となります。

 

HungryPandaの global head of strategyであるPanwen Chen氏は次のように述べています。「英国での定評をもとに、HungryPandaは新たな戦略に乗り出し、ショップとレストランのコンセプトを確立し、成長させていきたいと考えています。華僑の人口が多く、中国人街が形成されていて、小売店やレジャー施設も充実しているノーフォーク・ハウスは、私たちにとって最高の立地条件です。今年後半には、この新しいコンセプトをお客様にお届けできることを楽しみにしています」

 

このビルを所有するLondon & Scottish Property Investment Management社のシニア・アセット・マネージャー、Elliot Cumming氏は次のように述べています。「ノーフォーク・ハウスは、バーミンガム市内中心部の一等地に位置しています。他の企業に近接し、労働者や買い物客、観光客が行き交う好立地であることから、HungryPandaが新しい小売店モデルを市場に投入するには最適な場所です。この取引は、不動産コンサルタント会社のAvison Youngが仲介しました。バーミンガムの小売業やレジャー産業は、パンデミックからの回復が著しいので、他の企業がこの街にコミットし、街の魅力を高めることは素晴らしいことです。HungryPandaのチームが新店舗を立ち上げるのを楽しみにしています。HungryPandaは、この活気あるチャイニーズ・クォーターに大きな貢献をすることは間違いありません。華僑の人口が多く、チャイニーズ・クォーターが確立されていて、活気ある小売やレジャー経済が目の前にあるノーフォーク・ハウスは、我々にとって最高のロケーションです。」

 

Tags: United Kingdom

話をする

HungryPanda に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース