イスラエルのハイテク企業、記録的な1年を徹底分析

2022-01-24

General Portfolio

より大きく、より強く、より速く。2021年のイスラエルのハイテクの記録的な年について多くのニュースが共有されていますが、地元のベンチャーキャピタル会社Violaによる新しいレポートでは、2年間のCovid-19の大流行から移行する際に、スタートアップネーションがどれほど成長したかについて概説しています「2021年を通して資金調達の記録を更新し続けたイスラエルのエコシステムは、第4四半期に資金調達の記録を更新し、2021年の資金調達総額は270億ドルという新たなピークに達し、2020年の調達額の2倍以上となりました」と報告書は述べています。勢いが続いただけでなく、Q4はこの記録的な年でも記録を更新し、81億ドルの資金調達があり、これは1年全体の資金調達額のほぼ⅓を占めています。これにより、2021年の第4四半期は、過去最高の資金調達額となりました。

 

Viola Venturesのプリンシパルで、このレポートの著者の一人であるRotem Shahamは、2021年に出てきた数字を「画期的なもの」と呼びました。Viola Growthのプリンシパルで、その2人目の著者であるTomer Meridor氏は、「今年の大きな課題」としてメガラウンドを取り上げました。レポートでは、1億ドル以上の価値を持つラウンドであるメガラウンドが、270億ドルのうち半分以上を占め、合計142億ドル、2021年の全資金の52.5%を占めたことが紹介されている。注目すべきメガラウンドは、Tipaltiの2億7000万ドルの資金調達、Wizの2億5000万ドル、Deelの4億2500万ドルという途方もないラウンドで、いずれも第4四半期に行われたものである。著者によると、これらのメガラウンドの数は、1年間で21から79に急増しました。

 

この報告書のもう一つの興味深い部分は、ユニコーンのリーダーとしてのイスラエルの地位にも光を当てています。イスラエルは、人口100万人あたり5.2人と、一人当たりの新規ユニコーン数が最も多い国として堂々ランクインしており、シンガポール(1.8人)、米国(1人)、カナダ(0.37人)を大きく引き離しています。2021年、イスラエルは48のユニコーンを誕生させ、中国を抜き、合計314の米国に次ぐ2位につけています。興味深いことに、イスラエルの10億ドル企業は、さまざまな業種やビジネスモデルで登場し、セキュリティ(23%)、垂直アプリケーション(19%)、フィンテックとインシュアテック(18%)に関連する多彩なリストを示しています。レポートの別の部分では、パンデミック後にM&A市場が順調に回復していることが示されました。2021年の注目すべき買収は、Francisco Partnersによる6億ドルでのMyHeritage、ZoomInfoによる5億7500万ドルでのChorus、Paypalによる2億ドルでのCurvなど。また、IronSourceとBizzaboが4社を買収して最多となり、Fiverr、OwnBackup、Nanodimension、Guestyがそれぞれ3社を買収して続いています。「これらの買収の背景にある動機を掘り下げてみると、シェアの拡大から人材や技術の獲得までさまざまであることがわかる。しかし、最も大きな動機は顧客の拡大であった。多くの企業は、既存市場の中小企業を買収するか、既存の技術の恩恵を受けられる新市場に参入し、利益率を向上させた。」と報告書は述べています。買収の理由としては、SoW(Share of Wallet)の増加、顧客基盤の拡大、企業の従業員を吸収して人材を獲得する、他で開発された技術を継承する、などが挙げられ、この4つの動機は、いずれも以前より大幅に増加しました。



Violaは、イスラエルのハイテクに特化した投資グループで、40億ドル以上の運用資金を有しています。アーリーステージ、グロースステージ、デット、オルタナティブレンディング、Fintechファンドの4つの投資部門からなり、それぞれ技術産業の異なるステージにフォーカスしています。2000年に設立され、これまでに200社のハイテク企業を支援し、そのうち12社がユニコーンになりました。

 

Tags: TechnologyIsrael

話をする

に興味がありますか?彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

関連ニュース