1. Home
  2. News
  3. GoogleのGrowth Labに参加するイスラエルのスタートアップ
2022/11/18

Startup Portfolio

GoogleのGrowth Labに参加するイスラエルのスタートアップ

Googleイスラエルが2018年に開始し、現在16カ国で実施されているプログラム「Google's Startup Growth Lab」の第6期生にイスラエルのスタートアップ10社が選出されました。
Riverside、Masterschool、Theranica、Guardz、Karma、Peech、OneStep、Anchor、Lexense、Funditが、スタートアップのビジネス加速を目指すB2CおよびB2SMBスタートアップ向けのGoogleの4カ月間限定プログラムに参加します。過去の参加企業は44社で、Melio、Papaya Global、Orcam、Oribi、Elementor、Workiz、AI21 Labs、Connecteam、Marble、Lili、Bookaway、Lumenなどの企業が参加しています。Startup Growth Labの卒業生は、参加後に37億ドルを調達し、4,500人以上の従業員を雇用、スタートアップのうち6社がユニコーンに、4社がIPOを実施しています。

Riverside
Riversideは、100万ドルのスタジオで収録されたような見た目と音で、リモートポッドキャストやビデオインタビューを簡単に収録できるようにします。同社は2019年にGideonとNadav Keysonの兄弟によって設立され、テルアビブに本社を構えています。

Masterschool
Masterschoolは、テック系キャリアトレーニングスクールのネットワークを展開しています。現在、ソフトウェア開発、データ分析、サイバーセキュリティなどの分野で学生を教育する数十校の学校が、このプラットフォームを利用しています。Masterschoolネットワークを通じて、テッククリエイターや業界の専門家が学校を立ち上げ、最も需要の高い分野でのキャリアに向けたカリキュラムで有望な学生を指導し、メンタリングしています。2019年の設立以来、数十校のMasterschoolの卒業生は、Google、Microsoft、Intelなどの大手テック企業に採用され、平均で以前の給与の2倍以上になっています。

Theranica
Theranicaは、片頭痛やその他の特発性疼痛症状のための高度な神経調節デバイスを開発する、所定のデジタル・セラピューティクス企業です。このイスラエル企業は、FDAの認可を受け、スマートフォンで制御可能な薬物を含まないウェアラブルデバイスNerivioを開発し、単発性および慢性偏頭痛の治療に使用しています。

Guardz
Guardz は、リアルタイムの保護を提供するプラットフォームを開発したサイバーセキュリティ企業です。Guardz は、オンライン詐欺、フィッシング、マルウェア、ランサムウェア、データ漏洩などのサイバー問題を特定します。同社の製品は、顧客のデジタルフットプリント全体とビジネスに不可欠なアプリを自動的に検出して監視し、サイバーセキュリティの姿勢を継続的に分析して、ビジネスの安全性とセキュリティを常に確保します。

Karma
Karmaは、AIによる買い物支援ブラウザ拡張機能およびアプリの開発企業です。Karmaのショッピングツールは、異なるデバイス間で1つのアプリとして機能する。自動クーポン検索、キャッシュリワード、価格と在庫のトラッキングにより、消費者に計画的なショッピング体験を提供する。Karmaは400万人以上のユーザーを持ち、10万以上の世界的なブランドと提携しています。Sephora, Overstock, Net-A-Porter, Urban Outfitters, Farfetch, Macy's などは、Karma の統一ショッピングネットワークにおける小売パートナーです。

Peech
Peechは、機械学習と自然言語処理(NLP)技術を活用し、社内メディアのコンテンツを数秒で高品質のブランドビデオに変える自動ビデオ編集ソリューションを開発しました。Peechのアルゴリズムは、話し手の言語コンテンツを分析し、各企業のブランドブック、話し手のコンテンツの文脈、希望する配信チャネル、特定のマーケティング目標に合わせて調整された視覚的要素を追加します。

OneStep
OneStepは、動作解析とデジタル理学療法のためのソフトウェアプラットフォームです。全米の大手プロバイダー(理学療法士、整形外科医、医療機器メーカー)がOneStepと提携し、インプラント治療からデジタル治療へと進化を遂げています。

Anchor
Anchorは、B2Bの課金・回収プラットフォームで、契約からベンダーへの送金、総勘定元帳での照合まで、課金サイクル全体を完全に自動化します。オープンバンキングとアカウント間決済を活用することで、企業と顧客の双方に完全なコントロール、柔軟性、透明性、安全性を提供します。

Lexense
Lexenseのデータ駆動型プラットフォームは、裁判システムへのアクセスを解除することで、クライアントがより簡単に法的権利を行使できるようにします。交通事故、雇用、家賃・住宅、人身事故、名誉毀損などに関するサービスを提供しています。

Fundit.io
Fundit.ioは、中小企業のために作られた自動化されたSMB融資プラットフォームで、借り手と貸し手がより成功する取引を成立させるのを支援します。Fundit は、融資プロセスを合理化する技術を開発し、ユーザーフレンドリーで透明性の高い環境を提供しています。

 

TagsIsrael

関連ニュース

Search

Lexense に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください