1. Home
  2. News
  3. LegalTechのDarrowが、画期的な原告サービスPlaintiffLinkを開始
2024/02/09

Startup Portfolio

LegalTechのDarrowが、画期的な原告サービスPlaintiffLinkを開始

AIを駆使したjustice intelligence情報プラットフォームのリーダーであるDarrowは、法律事務所向けの革命的な原告繋ぎツールの開始を発表しました。AIと人間の知能を活用して法律事務所のビジネス開発をサポートするこのLegalTech企業は、弁護士が潜在的なクライアントを計画、レビュー、そして関与できるようにするための中央集権型プラットフォームであるPlaintiffLinkを提供するようになりました。「長い間、法律事務所は、専門知識と法的代表を最も必要としている人々との間のギャップを埋めることに苦労してきました」とDarrowの共同創設者兼CEOであるEvyatar Ben Artziは述べています。「PlaintiffLinkは、この課題に対する私たちの解決策であり、法律事務所が自分たちのケースに適格な原告と効率的に繋がるよう設計されています。このプラットフォームは、弁護士が彼らの核心的な使命に集中できるようにすることで、業界を革命化することになります:それを求める人々のために正義を提供することです。」

クラス代表原告との接続の現在のプロセスは、法的戦略とケース準備から資源を逸らす困難で危険なものである傾向があります。DarrowのAI駆動型justice intelligence情報プラットフォームを利用するPlaintiffLinkは、弁護士が容易かつ迅速に原告と繋がることを可能にし、新たな効率性をもってケースの提出を加速します。選ばれた一握りのエリート事務所のみが利用可能だったベータサービスが、今ではすべての原告法律事務所がこのユニークなオファリングを利用できるようになりました。「ミッション主導の企業として、私たちの目標は、法律事務所がより重大な法的違反を発見し、被害者が自分の話をさせることを可能にする技術を作り出すことです」とDarrowの共同創設者でCTOのGila Hayatは言います。「PlaintiffLinkのリリースにより、Darrowは革新を続け、違反の被害者とそれらを迅速に解決する手段との間のギャップを埋める能力を拡大しています。」

Darrowは、新しいクラスアクションおよび集団訴訟を特定し、ケースの結果を改善するために、米国全土の主要な原告法律事務所と協力しています。現在、同社はプライバシー、消費者保護、および独占禁止法などの法的領域にわたる100億ドル以上のアクティブ訴訟に取り組んでいます。昨年、Darrowはジョージアンが主導する3,500万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを発表しました。


Darrowについて
Darrowは2020年に設立されたLegalTech企業で、法律事務所の成長を促進し、クラスアクションおよび集団訴訟の被害者に正義を提供することを使命としています。DarrowのAI駆動型justice intelligence情報プラットフォームは、プライバシーおよびデータ違反、消費者保護、証券および金融詐欺、環境、雇用などの法的領域にわたる重大な違反を発見するために、生成AIと世界クラスの法律専門家および技術者を活用しています。Darrowはニューヨーク市とテルアビブに拠点を置いています。

 

TagsLeagalTechIsrael

関連ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください