1. Home
  2. News
  3. クラウド・データ・プライバシー・ソリューション・プロバイダーの"Skyflow"がSeries Bで$30Mを調達
2024/03/29

Startup Portfolio

クラウド・データ・プライバシー・ソリューション・プロバイダーの"Skyflow"がSeries Bで$30Mを調達

Skyflowは、Khosla Venturesがリードし、既存投資家のMouro Capita、Foundation Capital、Canvas Venturesなどが参加したSeries Bで$30Mを調達し、これまでの資金調達総額は$100Mに達した。

クラウド・データ・プライバシー・ソリューション・プロバイダーのSkyflowは、AIアプリケーションにおける機密データ保護への懸念が高まる中、プライバシー保管庫ソリューションを拡大し、複雑なデータローカリゼーション要件に対応します。

2019年に設立されたSkyflowは、あらゆる技術スタックと統合するデータ・プライバシー保管庫を提供しており、同社によると、あらゆるアプリ、データ・クラウド、大規模言語モデル(LLM)にわたってプライバシー・ポリシーを簡単に適用できます。このデータ保管庫は、企業が顧客の最もセンシティブなデータを隔離、保護、管理する方法を簡素化するために設計されました。LLMを安全に実装し、複雑なデータのローカライゼーション要件を満たしたいと考えている企業に、データ・プライバシー保管庫のグローバル・ネットワークを提供します。

同社は、LLMの導入が増加する一方で、データ保護の仕組みがほとんどないため、コンプライアンス、セキュリティ、プライバシーが危険にさらされていると主張しています。同社が考える問題とは、一度センシティブなデータがモデルに入ってしまうと、それを削除することはほとんど不可能であり、新しいプライバシー法で要求されるデータ削除要求がより困難になってしまうということです。

Skyflowは、センシティブなデータがAIモデルに入るのを防ぐために、プライバシー信頼レイヤーとして企業を支援します。顧客はセンシティブな用語を自由に定義できるため、個人を特定できる情報や企業の知的財産以外のセンシティブな情報も保護できます。

同社は、"polymorphic encryption"と呼ばれる独自の技術を用いてサービスを提供しています。Skyflowが設計した暗号化方式により、分析、マーケティング、カスタマーサポートなどの重要な業務における使い勝手を犠牲にすることなく、データを保護することが可能になります。

Skyflowの顧客には、GoodRx、Lenovo、Hippocratic AIなどが名を連ねています。四半期で20億回以上のアプリケーション・プログラミング・インターフェース・コールを処理しています。

Khosla Venturesの創設者であるVinod Khoslaは「AIを活用したエンタープライズ・アプリケーションの出現により、信頼とプライバシー基盤の必要性が機密データ保護の鍵となります。Skyflowは、あらゆるアプリ、クラウド、LLMでデータを管理・保護する方法を再考しており、あらゆる企業ビジネスにとって不可欠な企業となっています。」と説明します。

 

TagsCyber SecurityAISaaS

関連ニュース

Search

Skyflow に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください