イスラエルの新興企業、ドバイの医療技術展示会で医療・健康技術をアピール

2022-01-24

General

経済産業省が企画した代表団の一員として、11社のイスラエル企業の代表が今週ドバイに向かい、ヘルスケアにおけるイノベーションを紹介する主要な医療技術展示会に参加します。
毎年開催される「アラブ・ヘルス」には、中東地域および世界中から数千人の起業家、ビジネスマン、医療専門家、政府関係者が集まります。このイベントは、今週月曜日から木曜日まで、Dubai World Trade Centerで開催されます。主催者によると、5万人以上の来場が見込まれています。2020年8月に米国が仲介したアブラハム合意が成立して以来、イスラエルがこの年次会議に参加するのは2度目となります。この歴史的な合意により、イスラエルとアラブ首長国連邦の関係が正常化され、その後、バーレーン、スーダン、モロッコがすぐに続きました。イスラエルは長い間、UAEと静かな商業・安全保障関係を維持してきましたが、この正常化協定により、観光やエネルギーに加えて、世界のビジネスと海運の中心地であるドバイへのアクセスが増え、経済的に恩恵を受ける可能性があると見られています。ドバイのイスラエル総領事、Ilan Sztulman Starostaは昨年11月、協定締結以来、イスラエルとUAEの二国間貿易が約7億ドルに達したと発表しました。

 

経済省対外貿易管理局とイスラエル輸出研究所がイスラエルの代表団を率いており、臨床医が遠隔診療を行える人工知能ベースの装置を開発した遠隔医療スタートアップのTytoCare、深部経頭蓋磁気刺激(Deep TMS)に基づく脳障害の非侵襲治療を開発したBrainway、在宅医療、救急、輸送、病院向けの携帯型呼吸器製造会社Flight Medicalといったイスラエルの健康・医療技術企業の幹部らが名を連ねます。また、患者の遠隔監視に役立ち、血圧、呼吸数、血中酸素飽和度などの読み取りを行うセンサー式ウェアラブルデバイスを開発したイスラエルのスタートアップBioBeatも参加する予定です。経済省は声明で、参加企業は韓国、日本、インド、シンガポールなどの政府代表と会談する予定です。

 

Orna Barbivai経済大臣は声明で、デジタルヘルスと医療技術はイスラエルの中核的な強みの一部であり、イスラエル企業はこの分野で 画期的な開発を成し遂げていると述べました。Barbivai氏は、このようなイベントでのビジネス上のつながりは、サービスや商品の輸出を大幅に強化することができると述べました。イスラエル輸出研究所のCEOであるGadi Ariely氏は、この展示会が「イスラエル企業にとってアジアやアフリカの国々に新しい市場を開く」ことになり、「イスラエル国がUAEの健康産業においてもリーダーとして位置づけられる」と述べています。イスラエルは、デジタルヘルス、医療機器、バイオテクノロジー、医薬品治療薬という4つの大きなサブセクターに分けられるライフサイエンス分野で1,500社以上の企業を誇っています。

 

Tags: MediTechIsrael