1. Home
  2. News
  3. オンラインマーチャント支援Justtが、2023年に向けた積極的な成長計画を支える新サイトを開設
2023/02/01

Startup Portfolio

オンラインマーチャント支援Justtが、2023年に向けた積極的な成長計画を支える新サイトを開設

Justtが、新年を迎えるにあたり、ロゴ、ビジュアル・アイデンティティ、キャッチフレーズ、そしてウェブサイトを含む新しいブランドを発表しました。Justtという社名はそのままに、新しいブランドは、私たちがどのような企業であるかを反映しています。手作業に頼ることが多いこの業界で、私たちはこれまでとは異なるアプローチをとっています。 その裏側では、マーチャント、PSP、クレジットカード発行会社がチャージバックを管理する方法を再構築するための取り組みが行われています。

共同創業者のローネン・ベンアミと私がこの業界に参入したのは、この業界が破壊の機運に満ちていたからです。チャージバック管理は、これまで真のイノベーションに欠けていた分野です。1970年代にチャージバックが一般的になって以来、多くの点であまり変化していません。自動化のような改善は、他のソリューションベンダーによって部分的に試みられてきましたが、論理的な結論に至るまで完成されたものではありませんでした。チャージバックの証拠を集め、テンプレートに基づき反論のレターを作成するプロセスは、時計やカレンダーではなく、ストップウォッチで計測されるべきものです。しかし、チャージバックの自動化をマスターすることは、私たちにとって小さなことです。真の目標は、機械学習とデータサイエンスの手法をチャージバック管理プロセスに導入し、それを確実なものにすることです。

加盟店が提供するチャージバックデータは、チャージバック案件の論拠となるだけでなく、加盟店に利益をもたらす実用的な洞察の基礎として使用されます。私たちが予測可能なレイヤーを追加することで、クライアントの財務チームは効率的に収益を予測することができます。また、なぜ期待以上の結果が出るのか、なぜ期待に沿えないのか、クライアントに理解していただけるよう、説明可能性を持たせています。チャージバックがブラックボックスになることはもうありません。これらの目標を達成するために、2023年にJusttからいくつかのエキサイティングな製品リリースがドロップされることを期待しています。もし、あなたの会社でクレジットカードの紛争やチャージバックが問題になっているなら、Justtは今年必ず耳にする名前でしょう。

2022年はチャージバックの多い年でした。Buy Now Pay Later (BNPL)や仮想通貨など、比較的新しい代替決済手段の利用が増加しましたが、チャージバック率も突出して高くなりました。Visaによると、友好的な詐欺のチャージバックは全体として20~30%急増したそうです。  一方、Visaは2023年4月、Compelling Evidence 3.0改革により、加盟店がフレンドリー詐欺のチャージバックに反論する際の対応について、大幅なルール変更を導入する予定です。 チャージバックの世界は変化しており、増加する問題に対処するためには、その変化に対応したソリューションが必要です。

 

TagsTechnologyMarTechIsrael

関連ニュース

Search

Justt に興味がありますか?

彼らの技術を貴社の事業に活かすため、我々がサポートできることがあるかもしれません。ウェブ会議で少し話をしませんか?(営業目的でのお問い合わせはお断りしております。)

最新ニュース

Contact

AT PARTNERSにご相談ください