イスラエルの女性向け健康機器メーカーIllumigynが湾岸地域に機器を提供

2021-09-15

Startup

イスラエルの女性向け健康機器メーカーIllumigyn社はこのほど、湾岸諸国に2,500本のハイテク鏡筒を納入する覚書を締結しました。エルサレムに拠点を置くIllumigyn社は、婦人科用の内視鏡に似た子宮頸部検査システムGynescopeを開発しました。この装置は、子宮頸部、膣、外性器のハイエンドな画像をクラウドにアップロードすることで、遠隔診断を可能にし、複数の侵襲的な処置の必要性を最小限に抑えます。このイスラエルのスタートアップ企業は、ドバイに拠点を置くDHI2048社とMoUを締結しました。DHI2048社は、イスラエルから中東・北アフリカ地域へのデジタルヘルスのイノベーションとソリューションの提供を目的として設立されました。この契約は、月に150回のスキャンを行うモデルで、推定1億5,000万ドルの価値があります。2,500台のデバイスは、42021年第4四半期から湾岸地域に導入される予定です。このパートナーシップを開始するにあたり、Illumigyn社はドバイでキックオフ・サミットを開催し、UAEの婦人科医約20名が参加しました。

 

Illumigyn社のCEO兼会長であるAvi Ludomirski博士は、次のように述べています。「コラボレーションの新時代の幕開けにあたり、我々はUAEの生活の質を向上させるイスラエルの最先端のイノベーションに注目してきました」と述べています。Illumigynは、女性のヘルスケアに革命を起こすことができる画期的なソリューション、子宮頸部画像バンク、AIの未来の発展の組み合わせを持っており、私たちは、一緒にドバイを地域全体に貢献するヘルスケアハブにできると確信しています。」

 

Tags: MediTech | Israel